2013年12月16日

ゴルフ会員権の売却も、購入も3月まででしょ!(税制改正のよもやま話)

先日発表された平成26年度の税制改正大綱で、ゴルフ会員権やリゾート会員権の売却に伴う損失を給与等の他の所得と通算できる制度が2014年4月以降はできないこととなりました。
この改正、もう何年もうわさされていましたが、ここにきて税制改正大綱に盛り込まれ決定する見通しです。
この1カ月の情報では、早ければ2013年いっぱいで通算できなくなるかもしれないとのことでしたが、結局2014年4月以降で決着しました。
ということで、バブル期に購入したなど多額の含み損を抱えているゴルフ会員権のおもちで、数年以内の売却をお考えの方は、3月までがだいぶお得です。
また、ものごと表があれば裏があり、購入をお考えの方、ひょっとすると会員権の売却希望がたくさん発生し値下がりする可能性があります。
購入するチャンスも3月まであるかもしれません。
あくまでも、私の仮説なので、購入の場合はよくご検討することをお勧めしますが。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で経理・記帳代行サポートをお探しの方は
けいりまでhttp://www.link-keiri.com/


相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/

posted by 小久保忍 at 13:30| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

税制改正大綱発表される!

新聞紙上でもここ数日話題になっている、平成26年度税制改正大綱が昨日発表されました。
大きな流れはやはり、国際競争力確保の、産業・雇用の海外流出を防ぐための、法人課税の軽減と、格差税制・財源確保のための個人への課税の強化が特徴としてみられます。
とりあえず、速報なので大きな柱をお知らせします。

1、 ゴルフ会員権の損益通算不可
 従来ゴルフ会員権の売却により生じた損失は、給与等の他の所得と通算され、所得税の還付が受けられましたが、2014年4月以降は損失が生じても他の所得と通算できなくなります。

2、 給与所得控除圧縮
2016年から年収1,200万円を超える会社員、2017年からは年収1,000万円を超える会社員について、給与所得控除が減額されることになりました。

3、 復興特別法人税の1年前倒し廃止
復興特別法人税として2015年3月31日までの間に開始する事業年度において、法人税の10%加算されていた復興特別法人税が、2014年3月31日までの間に開始する事業年度までで廃止されることになりました。
諸外国に比較し税負担が重い法人税を、国際競争力確保の観点から1年早めに軽減しようとするものです。

4、 賃上げ減税の条件緩和
企業の賃上げを促す税制が昨年度創設されましたが、条件を5%増の賃上げから2%増に緩和することとされました。

5、 大企業の交際費課税の緩和
資本金1億円超の大企業は交際費の費用(損金)算入が認められていませんでしたが、2014年度から50%が損金に算入されることになります。

6、 不動産、金融・保険業の簡易課税制度の見直し
簡易課税を選択している課税売上高5,000万円以下の上記事業者のみなし仕入れ率がそれぞれ10%縮小されることになりました。

7、 自動車取得税の縮小に伴い、軽自動車税が増税されることになりました。

8、 消費税率引き上げの伴う生活必需品への軽減税率の適用は、10%に引上時に導入すると表現されましたが、導入時期は明確にされませんでした。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で経理・記帳代行サポートをお探しの方は
けいりまでhttp://www.link-keiri.com/


相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/

posted by 小久保忍 at 13:23| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

オリンピック決定、総力戦!

決まりましたexclamation東京オリンピック。
ちなみに私は前回の東京オリンピックの年(1964年)にこの世に生を受けている
ので、人一倍思い入れがあるのかもしれません。
もちろん記憶はありません。

バブル崩壊以降、日本人のメンタルを最も高めた出来事だったのではないでしょ
うか。
メンタルが前向きになっていくのは大きく、これにより消費も増加し、経済も活
性化していくことと思います。
すでに、私が接している経営者の方々も、オリンピックの効果の大きさを期待し
ている人が多いようです。

それにしても、誘致団の活躍は素晴らしかったですね。
一人ひとりが精一杯努力し、組織としての総力をあげて取り組んだ結果の“総力
戦”だったと思います。
プレゼンテーションも今までの日本人の印象を一新したようですし、何といって
も、一つの目標に向かって一致団結し、物事を成し遂げる姿は、日本に勇気を与
えました。

仕事をしていくうえでも、一日の活動をしている時間の半分(私は7割〜8割?)
を使うのであれば、総力をあげて楽しく取り組みたいし、居場所になっている組
織もみんなで総力をあげられていれば楽しいのではとオリンピック決定の瞬間感
じました。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で経理・記帳代行サポートをお探しの方は
けいりまでhttp://www.link-keiri.com/


相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/

posted by 小久保忍 at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする