2016年09月23日

ワークライフバランス


税理士法人りんく 代表社員 税理士 小久保忍です。


先日、元アップル・ジャパン社長の山元賢治氏の講演を聞きました。
この社長、外資系IT会社の鞄本オラクルの役員時代に、アップルの創業者であ
るスティーブジョブズに乞われてアップルジャパンの社長に転身した人です。

現在は、起業家や世界で通用するリーダーを育成するために講演活動や人材育成
をやっています。

その社長の講演で強烈に印象に残ったことが三つありました。
今回は一つだけご紹介します。

日本人はワークライフバランスという英語の解釈を間違っている。
ワークライフバランスとは労働時間を減らすことではなく、人生をしっかりとデ
ザインすること、すなわち自己実現できるものを見つけクレージーなくらい一生
懸命に打ち込むこと。

ビジネスマンは多くの時間を仕事で使います。
どうせ仕事をするのであれば、自分の人生を充実したものにできることをみつけ、
クレージーなぐらいに打ち込める日本人リーダーが少なくなっていることを山元
氏は憂いていました。


相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまで

posted by 小久保忍 at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。