2016年06月23日

幸福とは

税理士法人りんく 代表社員 税理士 小久保忍です。

年配の方は憶えているかもしれませんが、昔、明石家さんま出演のポン酢醤油の
CMで「幸せってなんだっけなんだっけ?」というものがありました。

それはさておき、最近"嫌われる勇気"がベストセラーになって話題になっている
アドラー心理学の、幸福についての面白い定義をご紹介します。

幸福とは、他者に貢献していると感じたとき(貢献感)に一番感じるといいます。
大事なのは、自分が"感じたとき"なので、他人から客観的に見て貢献ししている
か否かではないのです。

さらに貢献とは、自分を認め(自己受容)、そこから他人を信頼すること(他者
信頼)につながり、他者に貢献できる自分(他者貢献)がうまれる。
すなわち、根本はありのままの自分を自分で認めることから始まるそうです。

人間、他人の目ばかり気にして、なかな自信を持てないようですが、自分を認める
ところからいいサービス(貢献)が生まれ、幸福と思えるのではないでしょうか。
もちろん、ありのままの自分を成長させることも大事だと思いますが。

税理士法人りんく
posted by 小久保忍 at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。