2012年01月31日

オーガナイザー

昨日は夕方18時〜21時まで鴬谷にて、私が参加している変わった異業種交流会“三略会”の勉強会“随踵塾再見”に参加してきました。

いくつかあったテーマのうち感銘を受けたのは、“日本資本主義の父”と呼ばれている“渋沢栄一”の話でした。
渋沢栄一は幕臣出身でありながら、明治以後の欧米列強に追いつけ追い越せの時代に、およそ500もの営利事業の立ち上げで日本の発展に貢献しました。
そして70歳の古希を迎えたのを機に、関係していた財界・実業界の役員を辞し、以後は社会事業、教育事業、宗教問題、国際問題、労働問題等多数の非営利事業の立ち上げを晩年おこないました。
その数は、92歳で亡くなるまでに営利事業の500を超える数であったそうです。

数々の功績をあげられた要因は、渋沢栄一が無類の“オーガナイザー(組織者)”だったからだと言われています。
組織を組み当てるのは“人”であり、その人材をまず発見し、そして育成する。

日頃思うことではありますが、成果をあげるのは強みであり、その人の強みを発見し生かしていくことの大切や方法を知っていたのでしょう。

また、講師である橘先生の感想ですが、渋沢栄一の偉さは財閥をつくらず、自分が立ち上げた数々の事業に固執すせず、社会への貢献を第一に考えていたところだということが心に残りました。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 09:05| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする