2011年09月16日

もしドラ中級編

昨日は東京都某市の依頼で、もしドラセミナー中級編の講師を行ってきました。

今年の7月に初級編を行ったのですが、今回はその応用編で、約40名の会社経営者の方にご参加いただきました。

テーマは、“もしドラ中級編”とだけで依頼され、内容はお任せでした。そこで今回は、私というか税理士法人りんくグループが得意とする「経営計画・経営戦略」の話をしてきました。

ドラッカーは、「経営者は常に、“われわれの成果は何か”“われわれの計画は何か”を問い続けなければならない」と言っています。また、その計画とは、リスクを取れるような会社をマネジメントが創りあげていくものでなければなりません。ドラッカーは、その計画のことを“戦略計画”という言葉で表現しています。

セミナー終了後も帰り間際まで活発な質問をいただいたのですが、本当に意識の高い参加者が多かったように感じました。

ここから、当社で行なっている中期経営計画教室(将軍の日)へご参加いただき、ドラッカーが言っている“戦略計画”を体験される経営者が現れることを期待したいと思います。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 09:40| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする