2011年08月30日

肯定から入ろう

昨日、民主党の新しい代表に野田佳彦氏が決定しました。最近の日本の風潮は、何か少しでも失策を犯すと、寄ってたかって批判を集中し足を引っ張る傾向があると思います。

有名な話ですが、アメリカの大統領選では、大統領就任後のしばらくの間、マスコミもあまり批判的なことは書きません。まずはお手並みを拝見するという暗黙のルールがあるのです。日本でもここはまず主義主張を置いて、とりあえずは肯定的に受け止めてはどうかと思います。

そういう私は、リーダーが変わるととりあえず期待したり、過大評価してのちに失望することが多いのですが、とにかく今度も期待してみようかと思います。

投票前の演説で野田氏は、『私はルックスもこんなもんですから、支持率が最初から上がることはないと思います。』とユーモアを交えて語っていました。また、否定的な意見もありますが、理念経営で“経営の神様”と言われた松下幸之助が“新しい国家経営を推進していく指導者育成”を目的として設立した「松下政経塾」の第1期生で、初めての首相でもあります。

企業経営のビジョンを語った幸之助同様、人間性は地味でも国家のビジョンを語り、国民をリードし、いたずらに迎合しない。そして、時には嫌われ“損して得取る”リーダーシップを期待したいと思います。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 13:31| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする