2011年08月21日

祝日大三高甲子園優勝

震災後の特別な“絆”の大会と言われた、第93回全国高校野球選手権の決勝は、私の母校の日大三高が見事11対0で10年ぶり2度目の優勝を果たしました。

それにしても、決勝でもそうでしたがほとんどすべての試合で大差をつける圧勝振りでした。
勝つべくして勝ったようなチームだったような気がします。

そして何が素晴らしかったかというと、10年前の優勝もそうでしたが、選手達がみんな監督を胴上げしたい、優勝させてあげたいと口々に言っていました。
特に優勝投手である吉永選手は“尊敬できる監督さんのもと、こういう形で終われて本当にうれしい”と言っていました。

テレビ放送でもしきりに言われていましたが、野球だけではなく人間形成にも力を入れた素晴らしい指導だと絶賛されていました。
私もわが母校ながら、ただ優勝しただけではなく、こういう評価を受けることを誇らしく思いました。

おめでとうございます!

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 01:04| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする