2011年08月05日

経営者の体験をした一日でした

昨日、税理士法人りんくでは、連携している青森の某会計事務所から講師を招いて、トータルゲームという研修ゲームを行いました。

どういうゲームかを一言でお伝えすると、「経営者ならではの行動を疑似体験し、本人の実感と気づきをもって経営を学ぶゲーム」です。

日頃、会計事務所のスタッフは経営者と接する機会が多く、色々な相談を受けますが、経営の実体験がないとピンとこないことがあります。そこで、「経営」をゲーム上で疑似体験することにより、意思決定の重要さ、人を雇ったり給与を払ったりすることの大変さを再確認していこうというのが、今回の研修目的です。

講師のCさんのお陰もあり、みんな真剣に取り組んでくれたことで良い成果が上げられたと思います。さらに、一番大切なのは、講師のCさんの狙いでもあるそうですが、人と相談しながら協力していくこと、また、自分だけ儲かればいいという発想ではいけないという気づきがあったことです。

終了後は、講師のCさんと、今週から新体制でスタートした潟rジネス・デザインスタッフ2名と一緒に慰労会をおこないました。しかし、一次会だけではおさまらず、深夜0時半過ぎまでスナックで、B野くんの誕生祝いもやりました。

講師のCさん、「事務所にいい一体感がある」という感想までいただきありがとうございます。
DSCF0827.JPG
相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 11:57| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする