2011年08月26日

できる方法を考えよう!

昨日は、夕方からサービス業を中心とするグループ会社の建設部門の経営会議に出席しました。他の部門の会議には何回か参加していますが、建設部門の会議は初めてで、興味深く見学させていただきました。

会議の大半は、課題の報告や担当者が行っている販売促進策などの話でしたが、最終的な解決策については、経営者からお話がありました。さすがに会長や社長は、常に会社のことを考えているだけあって、非常に興味深いお話しをされていました。

会議の最後に総評を求められ、生意気にも、‘強み’や‘会議’というものについてお話させていただきました。‘強み’には、会社内部にいると持っていることに気づかないものがあります。また、‘会議’は課題を抽出する場であり(情報共有が目的の会議もありますが)、解決方法のディスカッションや決定事項がなければなりません。

その話の効果かは分かりませんが、終わるはずだったところから解決策のディスカッションが始まり、予定以上に会議が長引いてしまいました。

また最後の議論の中で、別会社の社長が“できない理由を言うのではなくて、できる方法を考えようよ、そういう組織風土にしようよ”と発言され、真剣な議論の中に感動を覚えました。

帰りがけにお礼の言葉をいただきました。少しばかり会議の刺激になれたような気がしました。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 09:31| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

事業承継スケジュール

昨日は税理士法人りんくのお客様の所へ、事業承継を中心とする打ち合わせに行ってきました。打ち合わせには、次期後継者の方も同席されました。

話の中心となったのは、自社株問題です。創業者に‘もしもの事’があった場合、株価の跳ね上がり具合によっては、数億円の相続財産になって多額の相続税が課税されてしまいます。このような問題は、以前よくあったことなのですが、最近は厳しい経済情勢なのであまりないかもしれません。

今回の会社の場合は、後継者の覚悟が出来ているので、制度の選択肢が沢山あり、何パターンかの提案を出すことができます。けれども、後継者の覚悟が曖昧な場合、選択肢が狭まるため必要最低限の贈与で対策を打つしなない場合が多いのです。

しかしながら、今回は幸いなことに、ターゲットとする事業承継の時期や方向性が見えてきました。
あとはタイムスケジュールを当社で作成し、何もなければ粛々と進めていくことになりそうです。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 09:43| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

業種にとらわれないドメイン

昨日は連携している某会社の紹介で、湘南にある新規お客様候補の会社に訪問しました。その会社は、業績も良く、建設業なのですが、何処となくデザインや設計関係の雰囲気がありました。
もちろん、雰囲気だけではなく、やっていることもアイデアに溢れており、社長いわく“自社以外ではやっていないのではないか”との事でした。

しっかりとした会社発展のための「ビジョン」も持っておられ、早速、中期経営計画教室にご参加いただけることになりました。話を伺うにつれ、建設会社のドメインを超えている印象を持ちました。サービス業やコンサル業のようですねとお伝えしたところ、その社長にも共感していただけたようです。

どの業種にとっても、現在は市場が縮小し、成長が厳しい時代です。けれども、先を見据えた差別化を図ること事により、しっかりと伸びている会社もあるのだということを感じました。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 09:50| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする