2011年07月22日

学習する組織

昨日は午後から、目白の椿山荘にて経営人間学講座に出席しました。
この講座は3月から12月まで毎月1回開催され、今回は全10回シリーズの第5回目です。
先月は外せない会合と重なり欠席したので、2ヶ月ぶりの参加となりました。

テーマは、「問題解決のためのメンタルモデルを掌握する」というよくわからないテーマ
だったのですが、私の心に響いたことは、現代の環境変化の激しい時代に組織が生き残っていくためには、“学習する組織”とならなければいけないということでした。

日頃、私が考えていたことでもあったのでピンときました。
貴重な経営資源である人材が成長し、組織の成長と統合されてこそ強い企業がつくれる
ということです。

夕方終了し、その後は渋谷にあるお客さまの会社へ打ち合わせに向かい、
打ち合わせ後はその会社の社長と美味しい料理を食しながら、夜の11時過ぎまで色々な話をしました。
私よりも少し年上の社長なのですが、経営者のあるべき姿を考えている社長で
話は尽きませんでした。

ということで、昨日は当然午前様でした。


相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/


posted by 小久保忍 at 09:59| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする