2011年07月15日

経営戦略塾

昨日は経営戦略塾の3日目でした。この勉強会は全4日間で構成されており、前半の2日間は6月に行いました。後半のテーマは、中期の経営戦略です。戦略参謀というツール(ソフト)を使い、会社のあるべき姿・ビジョンへの道のりを描いていきます。この戦略参謀の中には、様々な現状分析・戦略策定ツールが詰まっています。ポーターのファイブフォースモデル(5つの競争要因)、コトラーのマーケティング、3C分析、SWOT分析などなど。さらに、開発過程での研究ノウハウも入っています。

もちろんですが、このツールは我々サポートする側がしっかりと理解し、取捨選択してお客様の経営サポートに活かしてこそ意味があるものとなります。私も、一緒に参加したスタッフも、気持ちを引き締めて参加しました。

また昨日は、松本先生より目標管理のお話やアドバイスを頂くことができました。松本先生は、界NTOENTOで人事コンサルタントをされています。

りんくでは、来期に成長制度というものを試験的に導入しようと考えているのですが、それは松本先生に教えていただいたノウハウです。今回、松本先生にお会いできたことで、成長制度を目標管理にどう生かしていくか、改めて整理することが出来ました。非常に有意義な1日となりました。松本先生、ありがとうございました。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 09:47| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする