2011年07月06日

経営者に必要なこと

昨日も慌しい一日でした。

税理士法人りんく主催「中期経営計画教室“将軍の日”」で、参加された会社は2社3名でしたが、この2社に共通している点が2つありました。

まず1つめは、建設関係であること。さらにもう1つは、事業承継の時期を迎えていることです。中でも1社は、創業者であるお父様から、昨年事業承継した社長の参加。もう1社は、今年の10月に現在の社長から常務へバトンタッチする予定があります。

2社とも厳しい経済環境の中で、しっかりと考えて経営していこうとされており、真摯な姿勢が感じられました。

また、夕方前からはセミナー講師として東京都下へ向かいました。5月にも行いましたが、ドラッカーの考え方を解説するセミナーです。“もしドラ”映画は現在公開中となっていますが、今回のセミナーもこのスートーリーを通して考えるものとなっています。有難いことに大変盛況で、製造業を中心に70名程の方にご参加いただきました。非常に熱心に聞いていただき、嬉しくおもいます。

もちろん、昨日のイベント2つは繋がっています。
ドラッカーが言っている通り、「リスクを取って、未来への意思決定を行うこと」と、その「リスクをしっかり計算すること」は、マネジメントに必要なことです。この計画こそ、中期経営計画教室そのものなのです。
web.JPG
相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 10:49| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする