2011年07月28日

ビジネス・デザインの中期計画

昨日は午後から、税理士法人りんくのお客様で、某コンサルティングファームでコンサルタントをしていた社長に来社していただき、税理士法人りんくのコンサルティング部門である潟rジネス・デザインの中期経営計画を考えました。

今まで潟rジネス・デザインには専属のスタッフがいなかったため、私とりんくスタッフが経営計画事業や企業再生などを行うときにだけ、潟rジネス・デザインの社名をつかっていました。

しかし8月からは、新事業年度の重要戦略として、りんくスタッフ2名が潟rジネス・デザインへ転籍し、税務会計から離れて、お客さんの未来の意思決定サポートや、コンサル事業を積極的におこなっていきます。

そこで、お客様へ提供する経営計画をより素晴らしい商品にするためにも、自社の将来デザイン、経営計画をブラッシュアップし、実行・実現していくことが、お客様へいいサービスを提供できることへもつながってくるわけです。

コンサルティングファームが創る中期経営計画は、我々がお客様へ提供しているものよりも時間をかけ、コストもかけて創るのですが、それを効率的にパッケージング化して我々が策定支援しようというわけです。
そして、本当のポイントは計画の実行を支援していくことだと思うので、昨日は非常に新たな気づき・視点をいただくことができました。

今後、この社長からいろいろと教えていただく機会があと2回あるのですが、忙しいにもかかわらず、貴重な時間をお使いいただきとても感謝しています。ありがとうございます。
本当に、税理士法人りんくの名前の通り、Linkしあいながら成長していきたいものです。

さて、本日は夕方から、りんくスタッフ3名と一緒に長崎出張です。
またご報告します。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 10:47| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

私には夢がある

昨日は午後から、とあるグループ会社の「経営計画発表会」に出席しました。りんくからは私を含めて3名の出席です。

まずはじめは、共有している経営理念、ビジョンの確認です。そこで“おやっ”と思った言葉が一つありました。それは、今年度の会長特別指針である“私には夢がある”でした。

この言葉にピンと来た人もいると思いますが、英語で“I have a dream”。1960年代アメリカの黒人“マーチン・ルーサー・キング牧師”の有名な演説です。彼は、非暴力で人種差別撤廃を訴え、“公民権法”の制定に勝利しました。さらにはノーベル平和賞を受賞したものの、最後は凶弾に倒れてしまいました。http://ja.wikipedia.org/wiki/I_Have_a_Dream

会長が、キング牧師の言葉を重ね合わせて特別指針としたか否かは確認しそびれましたが、ビジョン実現の強い意志を感じた言葉でした。

昨日の発表会は、事業所のマネージャーが40人近く集まった発表会でした。全社の計画発表のあと、各事業部・店舗・事業所ごとの目標や決意表明が語られました。そして、最後30分間ほどで私がマネージャーの方たちに向け、経営学の父・ドラッカーのマネジメントについて話をしました。皆さん、熱心に耳を傾けていていただいているようでした。

また、会議終了後には、経営陣と来期に向けての課題や、ニーズのヒアリングと、会社の課題にまで踏み込んでいくMAS監査サービスの打合せを行いました。

成長志向の会社だけに課題がたくさんあり、サポートさせていただく甲斐のある会社でもあります。とりあえず、各部署の会議に新年度から参加し、課題を抽出し、意識共有していくことから始めていくことになりました。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 10:17| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

医療機関の経営

昨日はある会計ソフト会社の人たちと打ち合わせを行い、昼ご飯を一緒に食べました。

そのソフト会社の強みの一つに、公的な会計ソフトがあります。公的な会計というと、公益法人、NPO法人、医療機関、社会福祉法人などです。今回は、医療機関向けのセミナーの講師の依頼を受け、内容や集客等の打ち合わせを行いました。

私の父は、地元相模原で個人の診療所を約35年営んでいました。その父が、長男である私にある時言ったことは、国の施策で医者をどんどん増やしているから、病院も今の時代みたいに簡単にやっていける時代ではなくなるということです。勉強嫌いだった私は、家業を継がない言い訳にこのことをよく使っていました。

それが約30年以上前の話だったと思いますが、他の業界よりはまだマシとはいえ、やはり競争も厳しく、新規の開業も簡単ではない状況のようです。特に、コンビニよりも数が多い歯科医師の方がかなり深刻なようですが。

ということで、今回は厳しい状況を抱えた医療機関向けに経営のセミナーを開くことになりました。今のところのアイデアとしては、“もしドラ”ふうにストーリーをアレンジし、医療機関に共通している課題を折込みながら、マネジメントの話に結びつけていこうと考えています。私としては、初めての試みなので、試行錯誤でやっていくつもりです。

どんなことになることやら、楽しみでもあります。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方はりんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 09:24| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする