2011年06月07日

業界内の再編

昨日は午前中、とある会社での打ち合わせでした。
一言でいうと「会社ごと買ってくれないか」という相談です。

かっこよく言えばM&Aですね。
現在、どの業界においても、一部の「業績のいい会社」と、その他大勢の「業績が今ひとつの会社」との間で、しきりに再編が起きています。

本日の話も、現在の会社で引き続き事業を行っていくよりも、買収先の会社が展開していった方が明らかに業績が良くなりそうな案件です。

ここでの税理士法人りんくの役割は、相手会社の評価、会社を買い取った場合の自社への影響、リスク、考えられるスキームなどを提案することです。

各々の企業が、どのような意思決定を行なうかは分かりませんが、成長するためにはリスクを取らなければなりません。動きの多い会社は、われわれにとっても多くの提案ができますが、それと同時に、リスク計算をサポートすることも大切な役割となってきます。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 11:04| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする