2011年06月01日

いよいよでしょうか・・・

ここ数日、にわかに消費税の増税が話題になっていますね。
以前から言われていることですが、日本の財政は大きな赤字を抱えており、国債という借金で生き延びているため、どう考えても増税をしなければいずれ行き詰まると考えられています。

そのような中、消費税を増税すると選挙で大敗するというトラウマを抱えた政権与党は、もう何年も消費税論議を先延ばしにしてきました。
けれども、そのような日本を見かねた海外からは「日本国債の格下げ」という警鐘が鳴らされたのです。震災の負担も強いられる中、この限界まできてやっと「消費税を2015年度までに10%とする」案が出される、そんな流れにも感じます。

いずれにせよ、いつまでも問題を先送りせず、損して得取る思い切った政策が必要な時期に来ているのではないでしょうか。しかし、他の改革も一緒にやらなければならないですよね。閉塞感が漂っている今、この国のビジョンを示すことも大切だと感じます。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 10:17| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする