2011年05月24日

“もしドラ”セミナーの反響

昨日は、5月申告の会社3件へ打合せに行きました。
リーマンショックや震災の影響で苦戦しているところもあれば、代替わりした後継者の努力が実り順調に伸びてきているところと様々です。

さて、話は変わりますが、先日行なった(といっても5月10日ですが)『もしドラセミナー』参加者より、突然のメールをいただきました。
セミナーをきっかけに、もう一度“もしドラ”を読み返してみたそうです。そして、再び感心し、再び泣いたとのことでした。
このように、税理士法人りんくの行なったセミナーがきっかけとなり、読み返し、理解を深め、感心・感動したとはセミナーを開催した甲斐がありました。
また、“もしドラ”に参加していただいた企業からも講演依頼をいくつかいただき、大変うれしい限りです。

ドラッカーの思考は、原理原則や抽象的な要素が盛り沢山なため理解するのが大変かもしれません。けれども、その原理原則にこそ、経営を行なっていく上で忘れてはならないエッセンスが含まれているのだと思います。

まだ読んでいない“マネジャー”の方々、いきなりドラッカーは難解かも知れませんが、是非入門書として“もしドラ”から読んでみると理解しやすいし、ついでに感動することもできると思います。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 10:34| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする