2011年05月13日

とある『ドラッカーファン』の社長と!

昨日は、顧問先3社を訪問しました。そのうちの1社は、長くお付き合いさせていただいている横浜の会社で、担当のY野君との訪問でした。

その会社には、私のブログをよく読んでくれている社長がいるのですが、10日にやった“もしドラセミナー”の開催を知っていて、『何でドラッカー信奉者の自分を呼んでくれなかったのか』と冗談を言っていました。

そこで、10日の資料を使ってセミナーの内容を説明すると、『ドラッカーの本はすごいたくさん読んでいるが、この部分だけは腑に落ちない』と言っていた箇所がありました。
その箇所は、『究極のマーケティングは、販売行為を不要にすること』という箇所です。
サービス業を生業としている私にとっては、抵抗なく受け入れられる部分なのですが、小売や修理業をやっている社長にとっては唯一納得できないところだそうです。
ただし、『言いたいことはよくわかるけど』ともおっしゃっていました。

ドラッカーのエッセンスは深く考えれば考えるほど、理解が増すものなので、今後も出来る限り熟考していきたいとおもいます。
また、ドラッカーは「実践しなければ意味がない」とも言っています。私自身も、今回自分がセミナーの講師をやることで深めた理解を、自分の組織でもしっかり生かしていこうと思います。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 10:56| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする