2011年05月31日

ベンチャーの資金調達事情

昨日は、午前と午後と1社ずつ、資本金等が2億円を超える会社との打ち合わせでした。午前中の会社はIT関連で、多数の関係機関から資金が入り、資本金が大きいのですが、研究開発している期間に何年間も大きな赤字を計上し、後半は金融機関からの資金調達もできない状況になっていました。けれども、そこから何とか金融機関以外から資金調達を行い、奇跡的に事業を軌道に乗せることができました。今となっては、お金が余っている状況で、すっかり金融機関からの資金調達の必要もなくなった無借金経営となりました。逆に、借りてほしいくらいの会社になったようです。

一方、午後訪問した会社は、今まで複数の投資家から集めた資金で運営しており、やはり多額の赤字を計上してきたのですが、ようやく芽が出て、今まさに反転利益が出るターニングポイントといった状況です。こちちらはと言うと、金融機関による資金調達を試み始めているのですが、りんくでもお手伝いしようかという状態になっています。

いずれにしても、新規性の高い事業を創業し、多額の開発費や運転資金の必要なベンチャー企業への融資は、金融機関にとって実績が乏しいというのが現状です。また、創業者の資産を担保に差し出すこともできない不透明な会社でもあるため、簡単ではないのは良くわかりますが、何とかベンチャーキャピタルと金融機関との間の資金調達ができないものかとつくづく感じます。

現在のように閉塞感が漂っている経済状況においてこそ、イノベーションを起こす企業を育成する手厚い仕組みが必要なのではないでしょうか。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 14:24| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

NPOの総会

一昨日の土曜日は、夕方からとあるNPO法人の総会に出席しました。このNPO法人は、約3年半前に協同組合を母体として設立し、その当初から税理士法人りんくのお客様です。

総会も回数を重ねる度に安定感を増し、今回も安心して出席できました。けれども、総会での私の役回りはというと、なぜか毎回決算発表です。通常、NPO法人の会員が行うものですが、毎年我々が総会での説明を担当しています。

どうせやるなら普通の説明では面白くないということで、財務内容の分析など、コメントも付け加えました。およそ一時間の総会の後は、恒例の懇親会で、役員の方々と達成感を共有したり、会員の方や関連団体の方などと懇親を深め、夜の10時過ぎの帰宅となりました。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 10:04| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

IFRSのインパクト

昨日の夜は、スタッフと一緒にとあるセミナーへ出席してきました。テーマは「金融・経済環境の変化が中小企業に及ぼす影響」でした。

われわれ税理士法人りんくの専門分野にとっても大いに関連のある内容で、すでに日本でも決まっている国際会計基準(IFRS)が導入されると、金融機関や中小企業にとってどのような影響があり、日本経済がどう動いていくかという内容です。

「IFRS」とは聞きなれないかもしれませんが、簡単にいうと「貸借対照表」を時価で表示しようというものです。上場企業ではすでに導入が決まっており、弊社のお客様の中にも一部先行して今回の決算に「IFRS」を取り入れた企業があります。

中小企業を考えると、土地や建物、有価証券やゴルフ会員権を持っている企業が、決算で資産の損失を計上しなければならなくなり、資産保有のリスクが高まります。
かつて、バブル崩壊後のトレンドとなっていた「なるべく資産を持たない経営」を煽動せざるを得なくなるのです。

影響はといっても、ブログではもちろん書ききれないのですが、金融機関にも大きな影響を与え(特に上場している金融機関)、平成10年あたりに起こっていた貸し渋りが強烈に起こる可能性があります。

講師の先生は金融系の方だったのですが、会計事務所のアドバイスやマッチング力、資金調達支援、先を見据えた経営支援が問われることもしきりに仰っていました。

私たちも、より「継続学習」の組織風土を深めていかなければと痛切に感じました。

相模原・町田・多摩・厚木・横浜で税理士・会計事務所をお探しの方は
りんくまでhttp://www.link-tax.jp/
posted by 小久保忍 at 09:55| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする